ボールペン・万年筆・メカニカルペンシルなど、文房具好きの購入記を写真多めで比較レビュー。
たまーに気になったガジェットのレポートも。
物欲のままに手に入れたアイテムをレビューしたりしなかったり。

10本差しペンケースを選ぶなら「ガレンレザー ラウンドジップ ペンケース」がいい理由

今回は久しぶりにペンケースについて書いていこうと思います。

 

皆さんはどのようなペンケースをお使いでしょうか?

 

お気に入りの筆記具はいつまでも大切に使い続けたいですね。
私も大切な筆記具は丁寧にメンテナンスをしながら、なるべく傷が付かないように一本一本個室かペン同士が直接触れないようなペンケースを利用しています。

 

筆記具に拘るということは、ペンケースにも拘るということではないでしょうか。

 

昔からペンケースというと軽量で丈夫なナイロン製のものが広く使われてきました。

 

しかし昨今の筆記具ブームに乗って、経年変化を楽しめる高級レザー製のペンケースや、必要な本数をミニマルに収納でき、かつ定規や消しゴム・芯ケースなども一緒にコンパクトに持ち運べるライティングケースが多く見られるようになってきています。

 

中には希少な革素材を使っているものもあり、中に入れるペンの総額よりペンケースの方が値が張るといった事も…。
これは筆記具について特に拘らないという方には想像し辛い事かも知れませんね。

 

私の場合 所有するペンの数も増えてきているため、数本を持ち運べるだけのペンケースでは物足りず、やはり「10本~20本を同時に持ち運びたい」という欲が出てきてしまいます。

 

ペン同士の干渉を防ぎ、かつ大容量の筆記具を収納できるペンケースというのはそう多くはないのですが、以前から使っていて非常に使い勝手の良いペンケースをご紹介したいと思います。

 

と言っても、すでに既知のペンケースであり知っている人は知っているペンケースなのですが…。
 

 
ガレンレザーの「レザー ラウンドジップ 10本差し ペンケース」です。

 

筆記具好きの中にはすでに使っているよ!という方もいらっしゃるかと思います。

 

ガレンレザー(Galen Leather)は2012年に創業されたトルコ発の小さな革製品工房。
どちらかというとまだ創業されて間もないレザー工房ですが、既に日本国内でもその使いやすさは注目されており、メディアで紹介されることもしばしば。

 

ひと言でこのペンケースの何が良いかというと、レギュラーサイズのペン10本という収納力に対して非常にコンパクトであること。
そして価格がリーズナブルであること。

 

これって、国内メーカーではなかなか無いのです。
 

 
ペンを10本収納した状態で開くとこのようになっています。全てボールペンですが、もちろん万年筆も収納できます。

 

入れているペンのサイズは、大きいもので全長147mm、小さいもので128mm。
収納できるペンの最大サイズは150mm以下となっています。(しかし150mmはギリギリ入るか入らないかというところ)
左に5本、右に5本で計10本の収納本数。
 

内部の特徴は左右両方の収納スペースに対してフェルトの「ベロ」が設けられており、合わさる左右の筆記具同士が干渉しないように設計されていること。

 

最初はベロは左右どちらか1枚でもいいのでは…?とも思いましたが、本体を合わせる時このベロとベロの間にメモ(あまり厚くないもの)を挟んだり、定規や付箋を挟むことができるため これはこれで良くできているな、と感じるようになりました。

 

また収納するのが万年筆であれば、薄めの小さなケースに入れたカートリッジやこれまた試筆用の紙を入れたりと、色々アレンジはできそうです。
 

 
左にはベーシックなサイズの仏壇カラーボールペンや、少し大きめであるスターウォーカーを収納。
ということで、見て頂くと分かるとおりだいたい130mm~140mmくらいのサイズのペンを余裕を持って収納するのにピッタリなペンケースと言えます。

 

軸径が一番太いもので、シェーファー/レガシーの12mm径。
それも難なく収納可能となっています。
 

 
右側にもボールペン。
パーカー、ペリカン、アウロラに加えて、サイズが大きめのミミックを収納。
ミミックは全長147mmありますがしっかり収まっています。150mm近いペンを収納する場合は、端よりも中寄りに収納するのが上下の幅からも良いかも知れません。
 

 
ベロを閉じると前面がしっかりとカバーされます。
このベロですが、もしかするとグレード?(表側の革質)によって素材が違うという可能性があります。

 

このブラックについてはフェルトのような手触りの合成素材が使われていますが、「クレイジーホース」シリーズはスウェードだという情報もあります。
実際にクレイジーホースが手元に無いため確認や比較ができないのですが、手に取って確認できる状況であれば確認されてから購入される方が良いでしょう。

 

本体の素材についても手元のブラックはタンニン鞣しと言えど経年変化を感じない素材感のため、ペンケース自体の経年変化も楽しみたい!という方はクレイジーホースを選ぶ方が良いかもしれません。
 

 
アウロラを抜いてモンブランのNo.149を差してみました。
このようにギリギリではありますが収納可能です。
万年筆を10本持ち歩きたい方の要望にも応えるペンケースではないでしょうか。
 

 
この収納力でありながら非常にコンパクトなのが、ガレンレザーラウンドジップペンケースの魅力。
成人男性の手のひらサイズの大きさ。
造りがかなりガッチリとしていて堅牢であることも有り難いです。

 

この表面・中面の厚みとフェルト生地の内ベロ。
大切な筆記具が守られているという安心感を得ることができます。
 

 
外装の中央下にはガレンレザーのロゴ押しのワンポイント。
とてもバランスの良いロゴだと思います。
ぱっと見、マーティン(ギター)のロゴにも見えなくもないです。ということでギターやってる方にも親しみやすいロゴかも知れません 笑
 

 
ジップはYKK製でかなり大きめのものが採用されており、これがまたジャキッとしたハードな操作感を生んでいるのです。
ジップの縫製も弛むことなくピンと張っていて、丁寧に作ってあることがうかがえます。

 

最初のうちはジップの操作が硬いなと感じられましたが、使っていくうちに馴染んでいきました。
ゾネンレダーのペンケースも大きめのジップが付いていましたが、海外では大きめのジップのペンケースがトレンドなのでしょうか。

 

収納・携帯だけでなく、筆記具の保管・鑑賞用にも使えるガレンレザーラウンドジップペンケース。
しかも1万円ほどで買えてしまうというコスパの高さ。

 

国内メーカーやフリマ作家さんがこの本数の収納でかつレザーで同じ商品を作ろうとすると、この1万円という額内ではおさまらないのではないでしょうか。

 

手持ちの筆記具が増えてきて、なおボールペンや万年筆をコンパクトにたくさん持ち運ばれたいという方は必見のペンケースです。

 

 

続いてもう一つ、夏に軽快に持ち歩きたいカヴェコスポーツの母艦となるような20本差しペンケースを見てきましょう。

 

カヴェコスポーツの魅力は何と言ってもその小ささ。
万年筆、ペンシル、ボールペン(ローラーボールも)全ての筆記モードで全長わずか105mmほどというコンパクトサイズ。
 

 
以前に記事にした3本差しのペンケースは、手のひらサイズのペンケースに万年筆3本という機動力で身軽になりたい夏にもピッタリなものでした。
 

 
今回見ていくのはそれとは真逆の20本差しの母艦ペンケース。

 

コンパクトなカヴェコスポーツやレギュラーサイズのスチューデント、ディア等を大量に携帯、もしくは保管するためのペンケース。
早速見ていきましょう。

 

サイズは横168mm×縦204mm。
カヴェコ3本差しレザーペンケースの約6倍のサイズ感です。
 

 
オールブラックのレザー(クロム鞣し)に「Kaweco」の大きなロゴ押し。
レザーの質感は柔らかく、ペリカンやモンブランのペンケースに近い触り心地です。
 

 
背面は切り返しのあるデザイン。
これもペリカンの純正レザーペンケースにあるようなもはやお馴染みのデザインですね。
 

 
小さめのジップに大きな持ち手。
この持ち手は操作感の軽さにも一役買っており、ここは先のガレンレザーとは対象的。
 

 
スポーツを20本収納してみたところ。
これは壮観!
全て違う色のインクを入れてスケッチに持っていくのも良さそうです。

 

キャップの部分は太めのカヴェコスポーツですが、ゴムバンドでしっかりと挟み込むことができています。
クリップは上を向けても斜めを向けても収納可能。
(クリップをしたまま横を向けると隣と干渉しますので注意)

 

見て頂くと分かるとおり、カヴェコスポーツでなくても収納可能。
一般的なサイズのボールペン・万年筆に加え、ゴムがきつめですのでリリプット等の細軸も収納できます。

 

個人的にですが、これはスポーツ専用にして欲しかったなーというのが率直な感想。
スポーツ専用であれば、もう少し横幅をシェイプできたのではないかと思います。

 

ペンケースに対しての意識が高いカヴェコのことですので、もしかしたらスポーツ用というのもあるのかもしれませんが…。
 

 
こちらはガレンレザーと違い片方にのみベロが設けられています。
ベロはペンの全長が短い長い問わず、ペン全体をカバー可能。
 

 
ズラリと並んだ10本のカヴェコスポーツ。
片側にはグリーン、ブラック系のスポーツを収納しています。
手元には20本以上のカヴェコスポーツがあるのですが、このペンケースの20本にどれを選ぶか悩みました。

 

ここに入り切らない分は3本差しペンケースに収納されて職場に赴いています。
 

 
もう片側にはブルー、オレンジ、ホワイト(クリア)系。
カヴェコスポーツはカラフルなカラーラインナップも魅力の一つ。

 

ネイビー、パープル、フォックス等、明るすぎず暗すぎない、絶妙なカラーが揃っています。
ついつい増えてしまうカヴェコスポーツ、皆さんは何色のカヴェコスポーツが好みでしょうか。

 

 

さて、今回は増えてきたペンの収納方法の一つである大容量のペンケースについて書きました。
ガレンレザーのラウンドジップは非常にコンパクトで、且つ1万円の価格設定ながら10本も収納できてしまうという たいへんコストパフォーマンスの高いペンケースでした。

 

カヴェコの20本差しペンケースもしかり、お気に入りのペンが増えてくるとなるべくたくさんのペンを持ち運びたくなるもの。

 

ここに挙げたペンケース以外にも様々な大容量ペンケースが発売されていますので、自分に合ったペンケースを探したり、オリジナルをオーダーするのも面白そうです。

 

それでは今回はこの辺で。
最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク