ボールペン・万年筆・メカニカルペンシルなど、文房具好きの購入記を写真多めで比較レビュー。
たまーに気になったガジェットのレポートも。
物欲のままに手に入れたアイテムをレビューしたりしなかったり。

大容量の文房具ケース!【土屋鞄トーンオイルヌメオーバルペンケース】

2021年5月19日




 

今までに様々なペンケースをレポートしてきました。だいたいのペンケースが少量の筆記具を持ち運ぶためのものだったのに対して、今回レポートするペンケースは大容量です。ペンケースというよりは、もはや文房具入れといった方がいいのかも知れません。

 

 

文房具とひとえに言ってもいろいろあります。鉛筆もあれば、シャープペンシル、ボールペン、万年筆のような筆記具と呼ばれるものの他に、蛍光マーカー、定規、消しゴム、鉛筆削り、はさみなどの筆記具以外の文房具。字を書くだけが仕事ではないので、マーカーで重要な文章にラインを引いたり、作図に定規を使ったり…。文房具の守備範囲はとても広いです。いわゆる通常のペンケースでは補いきれない多岐にわたる文房具たちをスマートに携帯するための道具、それが土屋鞄の「トーンオイルヌメ オーバルペンケース」です。

 

今回は同じ土屋鞄のロールペンケースとの比較も交えながらその魅力に迫っていきたいと思います。

 




 

 

 

【外観・重さ・長さ】

まずは外観です。今回オーバルペンケースを買うに当たって色のチョイスは、今までとは違い焦げ茶を選んでいます。

土屋鞄の革製品を買う時、経年変化のわかりやすいブラウンにしていましたが、HPで焦げ茶の三年経過品を見て、焦げ茶も経年変化するにつれ黒に近い深い味わいの色へと変化していくことに気付きました。また艶もブラウンに比べて出やすいのかなと感じます。

 

 

 

全体のフォルムです。土屋鞄の製品を買うとき、トーンオイルヌメシリーズのリピート率が高いのですが、今回も私の好物である袋縫い(縫った後に裏返して袋状に仕上げる)の仕上げがデザイン的にも効いています。

 

 

 

チャックを開けると中身がぎっしり。チャックも大きめの持ち手がついており非常に開けやすいです。蛍光マーカーや大きめの芯削りなども難なく入ります。

 

 

 

特徴的なのがチャックのついた面。横から見るとまるで野球のボールの縫い合わせような形をしています。縫い合わせのパイピングがデザインのポイントとなっていますね。艶が出やすい箇所です。このパイピングですが、何か固いものと擦れると傷がつきやすいので取り扱いには多少注意が必要です。傷がついた時は手で揉み込むか、もしくは傷がつく前にケアオイルでしっとりさせておくかです。ただしケアオイルの塗りすぎは、焦げ茶の場合、ブラウン以上に白いオイル浮きが目立ちますので要注意です。

 

 

サイドにはポケットが一か所あります。私は芯削り2個とモノゼロホルダー消しゴム用リフィル、エモーションペンシル用の1.4mm替え芯を入れています。あまり頻繁に開けることはないですが、意外と深いポケットでモノを詰め込んでも大幅にペンケース自体の形が崩れることもありません。

 

 

【ロールペンケースとの長さ比較】

同じシリーズのトーンオイルヌメ ロールペンケースと並べて見てみましょう。

 

 

オーバルペンケースの長さが19.1cm、ロールペンケースの長さが19.2cm。写真ではオーバルペンケースの方が長く見えますが、スペック上はロールペンケースの方が長いようです。長さにそれほど差はないのですが、違いは幅と高さ。ロールペンケースを巻いた状態と比べると横幅は約1.5倍で十分なマチがあります。いつのまにか増えた焦げ茶のロールペンケースと比べると購入後一年経つオーバルペンケースの方が艶が出てきていますね。

 

ロールペンケースのポケットが4つ+大きめの1つに対して、オーバルペンケースはポケット数は2つながらも大容量です。

 

冒頭にも使用したオーバルペンケースと中身の写真がこちら。

 

 

【メインポケットの中身】

ファーバーカステルのエモーションペンシル×1本

トンボZOOM707(シャープペンシル)

e+mのペンシルエクステンダー×2本

鉛筆(三菱赤・ファーバーカステル・ステッドラー・カランダッシュ)計12本

スタビロの蛍光マーカー×1

鉛筆削り(DUX・ファーバーカステルUFO)

e+mの木製芯削り

ミドリのアルミ定規

ステッドラーのマルス消しゴム

モノゼロ ホルダー消しゴム

 

【サイドポケットの中身】

uni芯シャープナー

ファーバーカステル芯シャープナー

モノゼロホルダー消しゴムのリフィル

エモーションペンシル用替え芯

 

 

かなり入ります。これだけ入れてもまだ若干の余裕があります。そしてこれだけ入っていてもペンケース自体が型崩れしません。柔らかながら、しっかりとした革で丁寧に作られていないとこうはいきません。

重さは上記の文房具を入れた状態で390gでした。かなりボリューミーです。何も入れていない状態では115g。

 

 

 

手に持った感じはこのサイズ。ちょうど大きめのホットドッグと同じくらいで実に持ちやすいです。トーンオイルヌメのしっとりした質感にアールがついたデザインで手にフィットします。

チャックを開けるとレタスとソーセージを挟みたくなりますがぐっと我慢です(笑)!

 

 

【おまけ:ホットドッグと比較】

ホットドッグと似ている、というお話のついでにホットドッグと比較をしてみましょう。比較するホットドッグはモスバーガーのスパイシーチリドッグです。

 

 

 

並べてみました。長さは若干オーバルペンケースの方が長いですね。チリドッグなので輪切りハバネロが効いています。

 

 

スパイシーチリドッグの紙箱と比べてみると太さはほぼ同じです。

 

 

手に持った感じ。持ち方などはオーバルペンケースと全く同じです。ここまで似ているとペンケースを持ち上げた際、うっかり

口に運んでしまわないか心配になります。

 

いかがでしたでしょう。トーンオイルヌメの芳醇な香りと、柔らかな手触りでありながら型崩れしないしっかりとした作り。

もちろんレザー特有の経年変化も楽しみな逸品です。容量も十分ですので仕事道具を詰め込んだり、女性であればコスメポーチなど文房具入れ以外でアレンジするのも面白そうです。大容量のペンケースをお探しの方は候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ではまた。

 




スポンサーリンク